50代主婦 チャットレディ 年齢を誤魔化して辛かったこと

私は主婦で、夫と子供と3人暮らしをしています。

3年前に、夫の会社が倒産してしばらく収入が途絶えてしまったことがありました。

まだ子供が小さかったので仕事はしていなかったのですが、さすがに副業をしなければならない状態になったのです。

在宅で高額収入ができる仕事、と思って始めたのが「チャットレディ」です。

幸い夫は夜中に倉庫のアルバイトを見つけて働き始めたので夫が出かけてから仕事をしました。

最初は何を話していいか分らずに困っていたのですが、お客さんは酔っぱらっている人が多く、話が下手でもあまり気にしていない様子なので助かりました。

但し、ノンアダルトで登録をしたのですが、やはり話しているとぐいぐいとアダルト方向へ行ってしまい、無理な要求をされることもあり、困ったことも何度もあります。

それでも報酬の高さは魅力的で、一ヵ月で8万円近く稼いでいました。

あまり稼いでしまうと税金面などで問題が起きるのではと心配して、自分でコントロールしていたのです。

夫がしばらくアルバイト状態でもチャットレディの収入で何とか暮らしていけました。

もちろん主人には内緒ですので、仕事から早く戻ってくることがないように、常にスマホで位置確認をしている状態でした。

後悔している事と言えば一つ、非常に年齢を誤魔化していたのです。

私は昔から細身で、中学生の時から身長・体重・スリーサイズは変わっていません。

そこで「29歳」と偽り、プロフ画像も水着姿で撮影して帽子で顔を隠すなど、かなり酷いことをしていました。

年齢確認が甘いチャットサイトだった為に、バレることはありませんでした。

しかしアダルトな会話にどうしても馴染めずに、1年間続けてやめてしまいました。

この仕事をしてみたいと思う主婦の方にアドバイスがあるとしたら、ウソはつかない方がいい、ということです。

1つ嘘をつくと色々と嘘を突き通さなければならない為に、楽しいはずのおしゃべりも楽しくなくなってしまいます。

高額収入は本当ですが、自分の良心の方が大切だと思いました。