39歳 亜美 29歳の頃の若気の至り

こんにちは。

私は39歳のフリーター亜美です。

今から約10年前、私がやっていた高額収入のアルバイトは、ずばり「出会い喫茶」でのパパ活でした。

そもそも、そういった行動をしたきっかけは、勤めていた会社を辞めて無職となり、時間と身体が空いただけでなく、人恋しくて寂しかったということ、ネットが無料で使えたり、マンガを読み放題で、しかも空調の効いた快適な空間を提供してくれることから、出会い喫茶に足しげく通うようになりました。

時期は、ちょうど仕事を辞めた29歳~31歳までの約2年間です。

出会い喫茶は、働くということではなく、待機するといった方がしっくりきます。

というのも、お店と女の子の間には労働契約がないからです。

そして、偶然来店した男性とお話をして、交渉をして、デートをしたり、お食事に行ったり、お付き合いすることで直接お金をいただくこともありました。

正直な話、MAXで一日でもらった金額は、約10万円ほどの日もありました。

ぶっちゃけ、その時の心情は、「ちょろいな」「世の中、こういう手もあったんだ」というところでした。

というのも、男の人というのは、本当にバカないきものだなと実感させらることが多くて、たとえば、私の履いている靴を2万円で買い取らせてくれないかと申し出てきた人があったと思えば、一緒に高級レストランで食事をしてくれたらお小遣いをあげると言ってきた人もいます。

何なら、デートのたびに、ブランド品をくれる人もいたり、それらはすべて私のお小遣いになったことは言うまでもありません。

ただし、後悔していることがないかといえば、あります。

それは、もっと高額をふっかけたり、交渉をするべきだったなということです。

私の場合は、あってもお高いお酒を飲ませてもらうであるくらいのことでしたので、もっと、美容にお金をかけたいなどとせがんでみてもよかったように思います。

みている人にアドバイスできることとしては、決して自分を安売りしてはいけないということです。

人生は一度きり。

若い時期もそのときだけです。

その価値に対して、対価をもらうことは当然のことですし、何ならできる限りたくさんもらうようにしておかなければ、あとで悔しい思いをすることになってしまいます。