29歳男 バーテンダーは意外とハードな業務でした!

 こんにちは。

僕は29歳の男性です。

現在の職業としては自営業(フリーランス)をしております。

 僕は今の職業にたどり着くまでに色々な仕事をしてきました。

その中で最も印象的だった「バーテンダー」という副業に関して、今日は書いていきたいと思います。

 なぜバーテンダーになったか?というと、単純に「高時給が欲しい!」と思ったのがきっかけです。

そして、夜の世界にも興味があったし、何しろ「カッコいい!」と思ったのです。

 求人情報誌をあさり、良さげな「バー」に面接に行きました。

面接の結果はその場で「採用!」ということでした。

幸先いいぞ!と思ったのを覚えております。

 次の日から働くことになり、出勤しました。

ワイシャツに着替え、スラックスとジレを着込み、蝶ネクタイをしました。

そして、最初は雑用として補充やらトイレ掃除等を覚えました。

 先輩バーテンダーは厳しい人でしたが、とても人情があり面白い人でした。

今でもやり取りがあり、食事等にも行きます。

 ある程度勤務すると、お酒を造らせてもらい、接客を覚えていきます。

 ここまでくると勤務が楽しかったですね!お酒を造り、接客をする!この繰り返しですが、本当に面白い。

色んな人が来るので、それが本当に勉強になりました。

 いよいよ給料日!支給された給料の金額は、27万円でした。

副業としてはかなり良い給料ですよね!

 「おぉ!いいじゃん!やめられない!」と思いました。

ところが、27万円稼ぐにも苦労がありました。

結局のところ、拘束時間が長いし、手足も棒のようになります。

 半年目には手首の腱鞘炎に悩まされておりました。

それでもバーテンダーは楽しい仕事の一つだと思います。

 心情としては、やっぱりある程度の金額を稼ぐには、時間と身をある程度犠牲にする必要があるんだな。

と思っておりました。

 後悔していることは、ありません。

むしろバーテンダーをやってみて良かったと思っております。

 バーテンダーをやったからこそ、お酒に詳しくなり、カクテルにも詳しくなり、人を見る目が養われたように思います。

 最後になりますが、アドバイスとしては「20万円以上欲しい」ならば、時間と身を犠牲にする覚悟があるならば、バーテンダーをやってみてもいいと思います。

 バーテンダーに限らず、夜の仕事の裏方を副業にしている人も結構いらっしゃいます。

なにせ「高時給」なんですよね。

 時間と身を犠牲にするのがしんどい人は、もう少し優しい金額の優しい仕事を選ぶといいと思います。