32歳男性 治験治薬モニターをした結果副作用に苦しめられた

初めまして私は都内在住の男性です、私が経験した高額バイトは治験・治薬のモニターです、この仕事の内容を分かりやすく説明するとガンや糖尿病やパーキンソン病やエイズ等々の薬を生身の人間を使って実験するという仕事です、要するに開発中の薬の効き目(効果)を見る為の人体実験と言って良いでしょう。

こうした治験・治薬で合格した薬が更なる厳しい国のチェックを受けて世の中の病に苦しんでいる方々の元へと運ばれて行きます、なので治験・治薬モニターを希望する方には多少厳しい条件があります、ひとつは過去に重病をしていない・現在病気や疾患を抱えていない等、もうひとつは治験・治薬での副作用における事故(死亡・後遺症等)が起きても一切の責任は自者にありますという契約書の提出が義務付けられます。

この仕事は月に3日程度しかありませんが1回の仕事で投薬する薬にもよりますが、約9万円の報酬が頂けます、なので3日で27万円の収入を得る事が出来ます、この金額を高いか安いかと思うかは人それぞれ違うと思いますが、当時の私にはおいしい仕事だなと思ってしまいました。

私が勤務していたのは都内某所にある総合病院内にある治験センターという場所でした、投薬方法は主に3つで注射・飲薬・塗薬です、ちなみに私は全てやりました、しかし投薬してから約5時間後には副作用で食欲は落ちて受け付けませんので副作用が出ている間(1日)はとても苦しいです、しかし投薬するとそのまま1日は病院の病室で過ごすので不安というのはそれほど感じませんでした、何かしらあっても病院だからという変な安心感でしょうか。

治験・治薬で大変な事は圧倒的に副作用なのですが、私の場合は後遺症というか副作用の影響で体質が変化してしまった事が1番の後悔です、私の場合は魚全般が食べれなくなりましたし鼻血が出やすくなりました、まぁこのバイトを選択して働いたのは自分なので仕方ありませんが、もし私の周りで治験・治薬モニターのバイトをしたいという人間がいたら私は絶対に止めます、やはり自分の身体のバランスを崩す可能性が本当に大きいので後悔して欲しく無いからです。

以上で私が経験した高額バイトのお話しをさせて頂きました、最後までお付き合い下さりありがとうございました、それでは。